永遠のネタ師。
             
     
                 
     
                    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう脱線事故から早いもので半年がすぎました。

JRの安全対策は問題ですが、民営化されているとはいえ

国民が主として利用する交通機関である以上、国がちゃんとした基準で

安全対策を面倒みるひつようがあるのではないかな~と。

一定の安全確保に関してルールを決めていても最終的に

ヒューマンエラーから事故が起きるわけで、人間がミスしても

機械的にカバーする。機械が故障しても人間がカバーする。

それでもミスがあったら別の機械で制御がかかる等の3重4重のカバーが

必要ですよね、実際に毎日何千人何万人の人命を運んでいるわけ

ですから。経営陣の管理能力及び責任能力欠如が露骨にでています。

JRとはいわず、政府陣もですけどね。

んでまぁ、対応策としてJRはとりあえず支社長へ必ず届く目安箱を設置

することを決めたんですが、こんどはこれをJR西労組が

「支社長が常に現場を回って意見を吸い上げる方が大事だ」と批判し

ていますね~。たしかに意見を吸い上げるのは大事だと思う。

ただしそれはある程度管理職になっている人のみが対象であり

一般職員からすれば、社長が現場に来て、何かないか!?と言われて

文句をぶーぶー言える人なんてそうそういない。

また、現場からは

「現場長の頭越しになり、かえって職場の上下関係の溝を深める」

という事を言っていますが、これも確かにそうです。

それなら双方意見を汲み取り、各現場長への目安箱という形をとり

そこから全て匿名で社長へ回すという形式にするとか

毎月1回は支社別部門別でミーティングをかかさず行なうとか

そういった職場での信頼関係を深めることがまず先決ではない

だろうか。事故が起きた原因は、運転士の速度超過状態でカーブへ

つっこんだというのが直接な原因とされているが、本質的な原因は

もっともっと深いところにあるのは事実。

社会に対して信頼回復までいくまでにまだまだ時間がかかりそうです。

なんかニュースで、乗っていなかったのに慰謝料請求したりしている

便乗詐欺がけっこう多いようで、ここぞとばかりに弱い立場にいる

状態につけこんで、こういった犯罪を犯す方も多い事が悲しいですね

実際に乗っていた方々に対して失礼であり、ただの弱いものいじめで

すし、常識が欠如しているのではないでしょうか。

だいたいこういった方には、それほど罪悪感はなく事故を起こした

方がものすごい大罪で、ついでだから請求してやった'`,、('∀`)'`,、

くらいな程度しか思っていない事が多く、罪意識・常識の改善

意識改革が必要な方々であります。

また、お金の大切さを知らない人たちでもありますね。

今では簡単にお金を借りることができ、自己破産者も非常に多くな

っています。借りたからには返すのが当然で、簡単に借りれるけど

いざ作ろうとしてもなかなか作ることができず、しょうがないから

自己破産しよう~。こんな程度で終わらせてしまう方々が多い。

もちろん、死ぬ気で働いて、どんだけ働いても返すことができず

やむなく自己破産を行なう方も居ますが、圧倒的に簡単にすます

人のほうが多いのが現状です。借りる事に対しての羞恥心が無くな

ってきているのが問題ですよね、それが社会環境からくるのか

日本が借金大国だからなのかは分からないですが・・・・


なんか書いてて思った。


私ひょっとして頭古い?('A`)
スポンサーサイト
         
コメント
コメントする












 はずかしいから管理者にだけ表示を許可する?(*ノノ)

          
トラックバック
トラックバックURL
→http://lunatr.blog4.fc2.com/tb.php/253-caf92063
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
JR宝塚線脱線事故から半年がたちました
遅いような、早いような・・・今月(2005年10月)の25日で、JR宝塚線脱線事故から、わたしの誕生日から、半年がたちましす。何度も書きましたが、わたしは、この事故にあいPTSDとなり、未だに普通の生活が送れていません。学校にも通学することが出来ず、就職などの話もする
[雑記]半年・・・か。
例によって「まりあの徒然記」より。>私ひょっとして頭古い?のーのー私も同じですよ?私は若い(現在ピチピチの21)ですから、きっとまりあさんも若いです!で現状、目安箱システムのほうが良いでしょうね。もしも社長とか上部に申請するのであれば、身分を隠して現場に溶け
     
              
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。