永遠のネタ師。
             
     
                 
     
                    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東方音伽囃
今週末11日でごじます!

コスプレしてくと割り引ききいちゃうんだぜ
更衣室の用意も有りで、帰り道とか行く途中に職質されなくてすみますよ(笑

ということで
時間ある方は大阪Goです
スポンサーサイト
ニュース見てたら、色々と心に何かしら闇を持っている方が多い。

ちょっと前まではその闇は心の中にだけいて、具現化されることは少なかったのですが…

最近特に、そういった部分が表面化してきたり、具体的に実行されたりという事件が多いですよね。

インターネットという匿名性を利用して自分の闇のはけ口として使っている方も見受けられます。

事故や事件で亡くなってしまったお子様の生前の写真や遺体の写真を

無断で掲載して、とんでもないコメントをつけて、さらには

「遺体が大好き」とまで書いている変態。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061204-00000027-mai-soci

人道的にも許せないと思いますし、死者への冒涜はまったくもって許せません。

めんとむかって言うのであれば反論は可能ですが、インターネット上という得体の知れない人間に対して

なんの反論もできないでしょうし、疎通ができませんよね。それがネットの怖いところです。

最近ではこういった事をよく事件とかで取りあげられていますが

それを面白半分で見たり、わらいのネタにしたりという傍観者にも問題があり

そういった閲覧者が居ることにより、さらに暴走していくという傾向がありますね。

また、こういった方は痛みを感じないのか!とか普通は思うのですが

感じないではなく、考えないです。

当然同じ事を自分がされたら、とてつもなくいやな思いをするのはわかっていますが

そこまで考えていないことが多く、ネタとして勢いだけで走っている方が多いです。

また、こういった闇の部分、人が通常行なってはいけないと思われる事を

行なうということ自体を、かっこいいとか、みんなが見てくれるとか

注目とか興味とかを持ってもらえると思っている事が問題で

そのような人格形成はどの時点で作られたのか。。。

こういった事件を年代から統計してみると、現状での20代~30代で、私たちと同世代なのです。

アニメや漫画、小説、ドラマ、ゲーム。

こういったものから影響している事が多く、悪がかっこいいという風潮の

あるものも多くあり、きわめて影響としてはそういったものが多いのかもしれません。

ゲームなどでも、やっつける事がメインなゲームが圧倒的に多いので

傷つけたいとかそういう欲求が出てくる方が居てもおかしくありません。

また、教育現場でそういったことへの抑制を取り組んでいるかというと

教育者自体にも問題があるため、おそらく特に取り組めていないでしょう。

教育者に問題が出てきているのは、過度な対応を強いられているという状況もありますね。

過保護な家庭からのクレーム対応です。

遅刻の多い子の親
「朝起きれなくて遅刻するのは学校がおきるように教育してくれないから!寝坊で遅刻して卒業できなかったらどうするの?!」
 →先生が毎朝電話で起こす。

「子供が家に帰ってから勉強しません。成績が悪いのは学校のせいじゃないですか!」
 →先生が帰宅後に電話して勉強してるか確認。

その他もろもろ、色々ありますよね。

もうあほかと。自分で育児をしなさい。

子供を育てている責任とかを擦り付けているとしか思えません。

まぁ、こういった過度なストレスを受けている先生です。

子供もネタで、教育委員会に言いつければ先生クビだよね~的な発言とか

平気で言ってるのが現状。ドラマの世界ではないのです。

まぁこういった子どもたちを育てた親の責任と、現状で社会にでている

人を育てた親たちの責任です。

また、社会にも問題があり、極めて激しいスピードで発展していく技術や環境に対して

対応できる政府体制であれば問題ないのですが、全て事象が起こり初めて

制度が変わっていき、取締りが強化されたりしていくのですが

それらを取り締まる人間も、私たちと同世代であったり親の世代であったり問題のある方が多いのも事実。

法案にも穴が当然あり、それらをついて、また別の法案ができて…

こういった無限ループの状態。

インターネットは便利であるとともに、最悪な凶器という事も忘れずに

利用してもらいたいものです。
                     
              
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。